トルコリラ用
大王タイアップ!5Lot以上のお取引をいただいた方に、3000円キャッシュバック!
2024年3月1日金曜日

米イエレン長官とシムシェキ財相が会談!

スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

 
昨日の東京タイムで高田日銀審議委員の「2%物価目標実現がようやく見通せる状況になった」という発言でマイナス金利解除観測が高まり、さらにNYタイムの1月米PCEコア・デフレーター結果を受けドル売りが強まっています。

USDJPY日足チャート











あと少しで151円に到達しそうだったのですが…
思うようにはいきませんね。ドル円は一時149円前半まで下落しました。
ただ150円付近まで値を戻していますので…
ワンチャンを期待したいところですね。

それで、我々ジャパニーズにとって一番大きな影響を与えそうなマイナス金利解除ですがフィッチ社が4月に解除し2025年末までに政策金利が0.25%になるという具体的な予想を発表しています。
マイナス金利解除は雰囲気的に4月が最有力ですね。
4月というのはちょうどトルコの地方選も終わって新たな転換点となっており日本の転換点とも重なりそう状況ですので、トルコ円としてはちょっとね。なんだか恐ろしい展開が来そうで怖いですね。

それからトルコリラのほうですが
TRYJPY,USDTRY日足チャート







またドルトルコの史上最高値を更新しています。
この感じだと3月にはドルトルコは32台に到達していそうですね。
トルコ円のほうはドル円の下落も加わり一時4.7円台前半まで下落したようです。

最後にトルコニュースですが
シムシェキ財相がG20会議の場でイエレン米財務長官と会談したそうです。
イエレン氏はこの会談について「トルコと米国が重要な問題に対処するためにどのように協力できるかについて話し合った」と述べ、両国関係の永続的な重要性を強調したそうです。

イエレン長官のトルコへのスタンスはありがたいですね。
考えてみるとトルコはG20のメンバーなんですよね。

それでG20のメンバーで完全イスラム国家はサウジとトルコだけでこのあたりがやっぱトルコの地政学的な部分で重要国家ということを如実に表していますね。

言葉悪いかもしれませんが、サウジなんかは超産油国で、油がなかったら絶対G20なんか入るはずがない国ですので、こういう意味においてもトルコのポテンシャルがいかに凄いか頷けますね。あとはエルドアンがとっとと去ってくれイマモール氏あたりが大統領になってくることですね。
頑張ってトルコ!


※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター
トルコリラ円くりっく365売買動向(毎日更新)
リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向

スポンサーリンク

2024年2月29日木曜日

エルドアン内閣改造!変更閣僚の噂にシムシェキ財相の名前が

スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

まずは頼みのドル円の動きですが…
今夜発表される米PCEデフレータの内容を見極めようとしている状況になっているようです。

USDJPY日足チャート











ややドル買いが優勢のようで、150.8円ラインに接近しているチャート形成になっています。
この位置まで来ると指標発表前に151円ブレイクを狙うハゲタカ勢の仕掛けを警戒する必要があるのですが

最新の注文状況を見てみると…

LIONチャートPLUS+(LIONFX会員限定)
USDJPY4時間足チャート









ワタナベ勢の売り注文が151円付近に大量投入されています。
この感じだとハゲタカ勢の仕掛けの成功は簡単ではなさそうですので指標によるきっかけに便乗したほうがリスクが低いと踏んでくるかもしれませんね。

それからトルコリラのほうですが
TRYJPY,USDTRY日足チャート







ドルトルコでのドル買いが強まっているようで、またもや史上最高値を更新し31.2台に乗せています。
トルコ円のほうはドル円が頑張ってくれているのですが、ドルトルコが足を引っ張り若干値を下げているようです。
マジ、早くドルトルコでのトルコリラ売りが止まって欲しいですね。

最後にトルコニュースですが

エルドアンによる内閣改造の噂が流れています。


エルドアンは3月のイスタンブール市長選等の地方選後に内閣改造を企んでいるようで一部の閣僚を変更するのではと憶測が広がっています。

どうもその変更閣僚の中にボラット貿易大臣やシムシェキ財相の名前が挙がっているようです。

これがこの前のシムシェキの火消し発言の理由の一つだったようですね。

この感じだとシムシェキ氏の人事に関しては3月の地方選の結果で左右することになりそうでマジどうなるかわかんないですね。
是が非でもシムシェキ氏には続投してもらいです。


※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター
トルコリラ円くりっく365売買動向(毎日更新)
リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向

スポンサーリンク

2024年2月28日水曜日

エルドアンが裁判で敗北!影響力が衰退している証拠

スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

まずはドル円の動きですが
昨日発表された1月全国消費者物価コア指数が予想を上回る2.0%となりました。
これで日銀の目標の2%を維持したことになり、3月か4月にもマイナス金利解除の観測が高まり一時150.1円を割り込みました。

USDJPY4時間足チャート











150円割れを覚悟しないといけない位置まで落下したのですが、その後持ち直し150.5円付近まで回復しています。
とりあえず、持ち直してくれたことでトルコ円は大きな下落を免れています。

とにもかくにも…
この動きを見る限り、実際にマイナス金利が解除された場合は確実に大きく円高に振れることになりそうですね。

今回の日本のインフレ結果を受け、3月の日銀金融政策決定会合が最注目のビッグイベントになりそうです。

それで今日のドル円ですが151円台を目指すのか、それとも150円台を目指すのか…
これに関しては明日22:30に発表される米1月PCEコア・デフレーターが大きな影響を与えることになりそうですね。

最後にトルコニュースですが
エルドアンが裁判に負けたいうニュースが流れています。


クルチダルオール氏は直近のトルコ大統領選でエルドアンと戦ったCHPの党首で、決戦で敗れた方です。

で、どうもエルドアンが大統領選でクルチダルオール氏に対していろいろ罵詈雑言の悪口を浴びせたようで、これに対してクルチダルオール氏が名誉毀損裁判を起こしたそうです。

この裁判の結果が昨日発表されエルドアンは5クルシュ支払うように命じられたそうです。
ちなみにこの5クルシュとういのはトルコの最小単位通貨だそうです。
具体的にですが1トルコリラ=100クルシュですので、5クルシュは0.05リラとなり日本円にすると約0.24円ぐらいになります。
つまりこの裁判はクルチダルオール氏にとって金目当てじゃないということのようで、裁判するには賠償金を設定しないといけないので、ならばということで最小単位を設定したそうです。

いずれにせよ裁判でエルドアンが負けたというのは、エルドアンの影響力が弱くなっている象徴と言えそうですね。
これでますます3月末の選挙が楽しみになりましたね。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター
トルコリラ円くりっく365売買動向(毎日更新)
リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向

スポンサーリンク