SBIFXトレード
SBIFXトレードなら1通貨から取引可能!
ラベル 週間報告 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 週間報告 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年7月9日土曜日

2016年7月発表、米雇用統計結果(トルコ円最安値更新を免れました。)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様


雇用統計の結果を受け、トルコ円のほう再び息を吹き返しています。


それでは今週を振り返りたい思います。

2016年7月第2週

7月4日月曜日

窓無しスタートとなりました。

トルコ重要指標の結果ですが、消費者物価指数が悪化しています。

トルコ消費者物価指数(前年比) 
前回6.58    予想6.94    結果7.64

トルコ生産者物価指数(前年比)
前回3.25    予想3.7      結果3.41

チャートの様子はこちらをご覧ください。
「結果悪すぎます!!速報、トルコ消費者物価指数」
「トルコ消費者物価指数とは」



7月5日火曜日

この日ぐらいからドル買い円買いという流れになりはじめ一気に悲観ムードになります。
確かにチャート見ると、もう駄目かもなって思ってしまいますね。

その時のチャートはこちらをご覧ください。
エルドアン、シリア難民に国籍を与えトルコ人としてEUに送りこむつもりだ


7月6日水曜日

この週のビッグイベントの一つが発表されました。
7日3:00FOMC議事録(6月14-15開催分)
利下げの言及はなく、据え置きの期待感が高まる内容でした。

2016年7月FOMC議事録結果


7月7日
木曜日

雇用統計を占うADP雇用統計が発表されまいた。
予想16万人に対して結果17.2万人でした。
この結果を受け、ドル円の上昇し結果トルコ円のほうも34.5円付近まで上昇しています。


7月8日金曜日

結果ですが
2016年6月米雇用統計
前回+3.8万人    予想+18万人    結果+28.7万人    改定値+1.1万人

予想よりかなりいい内容の結果がでました。

チャートのほうでうが・・

ドルトルコ、ドル円15分足チャート

発表直後はドルトルコ、ドル円ともにドル買いで反応しますが、その後改定値が更に悪い内容ということで、結局ドル売りになりました。

改定値というのは前回+3.8万人が実際は+1.1万人だったということです。

トルコ円15分足チャート

発表直後、33円台まで下げて、その後、34円台半ばまで戻しています。

結局トルコ円に関しては結果オーライでした。

ニュースのほうはこんな感じでした。引用元 ZAIFX 

"
[引用はじめ]
 米6月雇用統計で雇用の伸びが予想を上回り昨年10月来で最大を記録したことを好感したドル買いが強まった。しかし、5月分がさらに下方修正され、賃金の伸びも低水準にとどまるなど、米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げペースを大幅に変更するような内容ではないとの見方からドル売りが再燃。
[引用終わり] "

この感じでは来週もドル円に足を引っ張られそうですね。

ドルトルコの頑張りに期待するしかなさそうです。

追伸、トライザキーパー様
コメントありがとうございます。
言われる通り理解し難い動きでしたね。
まさかドルトルコが2.9を割るまでトルコ買いが進むとは思いませんでした。
本当為替は分かりませんね。
特にクロス円は難しいです。




毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター

現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2016年6月18日土曜日

トルコ円売買動向(6月第3週を振り返る)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

まずはご無事でしょうか。
今週は精神をすり減らされた激動の1週間でした。
冒頭にくりっく365のトルコ円売買動向をお知らせしたい思います。
買いポジはあまり変化していませんが、売りポジが減少しています。
売りポジの方が利確しポジションをクロ―ズしていることが予測できますね。

ちなみにポンド戦士は買いで勝負するようです。
ポンド円の売買動向はこちらをご覧下さい。
英国EU離脱懸念をポンド買いで挑む戦士達(売買動向)

それでは
今週のトルコを振り替えりたいと思います。

6月13日月曜日

静かなスタートとなりました。窓もなく36.3円付近でスタートしています。が日中にドル円が前回安値付近まで下落しトルコ円が36円台を割り込みそうになりました。


6月14日火曜

市場でEU離脱懸念が高まり、ドル買い円買いの動きが強まります。



6月15日水曜日

トルコ失業率が発表されました。
前回10.9%   予想10.4%    結果10.1%

失業率、予想よりいい数字でしたが、市場にはスルーされました。



6月16日木曜日

注目のFOMCがありました。結果ですが金利のほうは予想通り据え置き
イエレン議長の声明は7月の利上げの可能性を次の雇用統計等でまた判断するというような内容でした。
このときのチャートの状況はこちらをご覧ください。

そして日中に日銀金融政策決定会合結果が公表され、地獄が始まります。
ことの発端は日銀金融政策決定会合で追加金融緩和の見送り決定です。
この結果を受けドル円で猛烈な円買いが起きます。
105円を一気に割り込み103円台まで突入します。
その影響でトルコ円は史上最安値を更新させられます。

その時の激しいチャートの動きはこちらをご覧ください。
日銀金融政策決定会合の結果トルコ円史上最安値更新


6月17日金曜日

イギリスのEU離脱懸念がヒートアップします。

我々戦士にとってはEU残留の結果が喉から手が出るほど欲しいわけです・・・・

そのEU残留を強く訴えるイギリスの女性ジョー・コックス議員が惨殺されるという悲劇が起きました。
世界中が今回のイギリスEU離脱問題の事の大きさを再確認にさせられます。

今はやせ我慢するしかありません(ジョー・コックスさんのご主人のコメント)


現在、イギリスの離脱派と残留派の支持率はかなり拮抗しているようです。
この問題は前例がないだけに、予想が難しい状況です。
各FX会社もかなり警戒しているようで、毎日に警戒メール送られてきます。
ポンド円は最悪30円下げもありえるような予想も聞きます。

6月23日は我々にとっても少なからず影響があります。
なんとしても乗り越えたいものです。



英国離脱懸念に備えスイスショックの時のトルコ円の状況をしばらく載せておきたいと思います。
こちらからどうぞ。


毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター

現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2016年6月11日土曜日

トルコ円の下落で折角の週末が憂鬱に(2016年6月第2週報告)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

折角の土日がトルコ円の下落により、憂鬱になっている大王です。

トルコを触ると土日に負のエネルギーが蓄積されるという・・・・

休みは疲れを取るどころか、余計に精神をすり減らすという皮肉な状況に追い込まれるますね。

これも楽して儲けようとする精神が招いている訳ですが、この苦しみもいつかの億万のためと置き換えなければやってられないと大王は勝手に思っています。


それでトルコのほうですが・・・
市場はイギリスのEU離脱問題への警戒、それと6月はダメだったけど、やっぱり7月は米ドル利上げするのじゃないという期待でドルが買われているようです。

ドルトルコ、ドル円日足チャート

このままドル高が進む場合が続くと・・・
ドルトルコは2.965を破ると再度3.0
リスク回避の動きもありドル円のほうはしばらく105円が意識されそうな感じです。
できればドル円でもドル買いに流れて欲しいでね。
もし。ドルトルコ3.0、ドル円105となれば・・・
トルコ円=105÷3=35円です。
この展開だけは避けてもらいたいものです。


それだは2016年6月第2週を振り返りたいと思います。



6月6日月曜日

イエレン議長悪い雇用統計を受け失望感はあるが、全体としては前向きである。今後の利上げについては徐々に引きあげることが望ましいと発言されました。




6月7日火曜日

市場のほうはイギリスのEU離脱警戒が高まりつつあります。
参考になるか分かりませんがEU絡みということで、スイスフランショックの時のチャートを振り返りました。

6月8日水曜日

トルコ指標がありました。

トルコ鉱業生産(前年比)、トルコ小売販売(前年比)ともにいい内容でしたがチャート上は反応しませんでした。



6月9日木曜日

ドル円で円買い進みます。
三菱東京UFJ銀行の国債市場特別参加者の権利返還報道とかで他の銀行も追従するんじゃないのかと市場は懸念を抱いているようです。


6月10日金曜日


トルコGDP成長率(前年比)

結果4.8%

トルコGDP成長率(前期比)

結果0.8%

内容的には悪くないのですが、冒頭述べた通りドル買いが進み、GDPは完全無視された状況でトルコが売られました。



来週の市場は6月23日の英国民投票に備え警戒ムード高まりそうですね。

各FX会社もかなり警戒しているようでいくつも注意喚起メールが届いています。

戦士の皆様、離脱となればスイスフランショック級が起きそうなので、気を付けられてください。

とか言う大王は指をくわえてチャート見る以外しかできそうもないのですが・・・







毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター

現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク