SBIFXトレード
SBIFXトレードなら1通貨から取引可能!
ラベル 米消費者信頼感数 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 米消費者信頼感数 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年10月26日水曜日

米消費者信頼感指数が悪くドル売り加速


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様


まず昨日発表されたトルコ指標ですが・・・

・20:30
トルコ 10月景気動向指数[季調済]
前回107.1 予想106.9

トルコ 10月設備稼働率
前回76.6% 予想76.9%


それから注目の米指標のほうは・・・・
23:00 米国 10月消費者信頼感指数
前回104.1 予想101.5 結果98.6 改定値103.5


これらの結果を受けまして

ドルトルコ、ドル円1時間足チャート
ドルトルコのほうはトルコ指標の内容が悪くややトルコ売りで推移したのですが・・・
その後の米消費者信頼感指数が悪くドル円とともにドル売りが起きています。

結局トルコ円ほうは・・

トルコ円日足チャート
一瞬34円にタッチしましたが、ドル円の下落に引きずられて再び33円台という状況になっています。

現在の売買動向を見てみますと、若干ドル円でのドル売り増えているようです。

こういう米指標の内容を見ると11月の米利上げもどうなるか分かりませんね。

また利上げが見送られるようなことになると、ドル円の100円割れの可能性・・・

これも十分ありなのかもしれません。

11月の大統領選とFOMCはますます目が離せなくなりそうですね。





現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
スマホ用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2016年9月28日水曜日

米消費者信頼感数とは(なんと9年ぶり高水準、ドル円期待出来そうです)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

昨夜、発表された米消費者信頼感数ですが、なんと9年ぶり高水準となりました。

これは、目立たないナイス情報と言えそうです。

この我々トルコ戦士には馴染みが薄いですが、ドル戦士にとってはかなりの重要指標です。

今後、我々トルコ戦士も知って損はないので、この指標をざっくり簡単に説明します。

米消費者信頼感数とは

①コンファレンスボードという民間の経済分析等に長ける調査機関が毎月最終火曜日に発表
②1985年のデーターを100と基準に置く。
③個人消費者5000人に6か月後の景況感(現在と比較した景気の状態)をアンケート調査
現状指数・・・現状の「経済」「雇用」の2項目の状況のアンケート
  期待指数・・・「経済」「雇用」「所得」の3項目の6か月後のアンケート
⑤現状指数2項目と期待指数3項目の5項目の平均値で指数を発表



米消費者信頼感数で何が判断できるか

大事なのは米GDPの7割を個人消費が占めていることです。
つまりこの指標で個人消費の現状と未来の予測ができる訳です。

一言で言うと景気の良し悪しを判断材料になる訳で、100以上なら景気上向き、100以下なら景気下向きとなります。


同じような指標・・・ミシガン大学消費者信頼感数との違い

こちらは調査機関がミシガン大学でまず300世帯のアンケート結果を毎月第2金曜日に速報とて発表し、500世帯のアンケートを毎月最終金曜に確報として発表します。
こちらは米消費者信頼感数と比べてアンケート数が少ないの訳ですね。
関係で表すなら米雇用統計とADP雇用統計のような感じでしょうか。
こちらは米消費者信頼感数の先行指数と捉えられているようです。


最後に・・・
今回、この米消費者信頼感数が予想99.0に対して結果104.1と予想を超えるかなりのいい内容となっています。
これは、ドル円今後復活する可能性が高くなったと予測できるわけです。

ドルトルコ、ドル円1時間足チャート
いい内容だけあって発表後はドル買いで反応しています。
現在は押されていますが、今後のドル円復活の第一歩になってほしいですね。

やはりトルコ円は半分ドル円に支えられている訳ですから。







現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
スマホ用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク