SBIFXトレード
SBIFXトレードなら1通貨から取引可能!
ラベル シリア問題 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル シリア問題 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月7日金曜日

米国遂に直接攻撃、1発1.5億円をシリアに59発!トルコ支援表明


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

なんというか凄いですね、トランプ大統領!

オバマ前大統領が引くことが出来なかった引き金を・・・

就任早々ぶっ放しました。

トマホークというミサイルを・・

それもなんと隣の将軍様がすくみ上るであろう59発も!
(ミサイル発射もろくに上手くいかない国とはやはりランクが違いますね)

もうこれで隣の将軍様もトランプ大統領を怒らせるとヤバいな思ったはずです。

というのもこれまでアメリカは直接シリアを攻撃はしてなかったんですね。
あくまでアサド政権と敵対する側を支援するというワンクッションおいた状態だったわけです。

こちらが分かりやすい関係図です。
こういう感じで支援した訳ですが・・
基本時にトルコとアメリカは対アサド政権に関しては一致していました。ただアメリカがクルド人勢力を支援していて、これに関しては納得がいかなかった訳です。
トルコにとってクルド勢力は 敵対関係ですので・・

それで、昨年末になんと米国抜きでトルコ、ロシア主導でこのアサド政権と反体制派勢力のシリア全土の停戦に合意したと発表した訳だったのですが・・
(ある意味アメリカは顔をつぶされた状態)

今回のアサド政権化学兵器使用問題でついにアメリカが直接攻撃という、あとには引けない引き金をひいた訳です。

なにせロシアはアサド政権がやったものでなく反体制派がやったと主張していましたので・・

これで米VSロシアという構図が出来ました。

こうなると最近までロシアとシリア問題で手を組んでいたトルコは・・・

ロシアを取るか、アメリカを取るか・・

二択選択にせざるおえないないのですが・・

なんとエルドアン大統領、トマホーク発射前の昨日に・・
"
[引用はじめ]
アメリカのトランプ政権が対抗措置を検討していることについて、アサド政権の退陣を強く求めてきたトルコのエルドアン大統領は6日、地元テレビのインタビューで、トランプ政権の姿勢を歓迎したうえで、「発言が実行されないままであってはならない。行動が起こされれば、われわれも役割を果たす用意がある」と述べ、アメリカが対抗措置をとれば、トルコとして支援する考えを示しました。 また、アサド政権を支援するロシアが政権側の関与を否定していることについて「悲しむべきことだ」と述べ、ロシアに姿勢を改めるよう求めました。
 [引用終わり] "
なんと・・
アメリカが対抗装置検討段階で、言葉だけじゃダメだ!実行しろとけしかけています。

そしてロシアには改めろと・・

「なんという見切り」・・・というしか言いようがありませんね。

結局再びロシアと緊張という状況が生まれそうです。

最後にチャートのほうですが・・
USDTRY、USDJPY1時間足チャート

ドルトルコでトルコリラ売り
ドル円でドル売りで反応しています。

トルコ円1時間足チャート

この影響でトルコ円29円前半まで下落しました。

こういう状況で米雇用統計を迎える羽目になるとは・・

(;´д`)トホホですね。

追記、トルコ指標がありましたが、今日はそれどころではありませんでした。
トルコ2月小売販売
前回-0.6% 予想1.68% 結果-4.4%



現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
スマホ用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク