SBIFXトレード
SBIFXトレードなら1通貨から取引可能!

2017年9月13日水曜日

アメリカ国防省からトルコに対し懸念表明(政策金利懸念)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様

昨日こちらでお伝えしたトルコのロシア製ミサイル購入の件ですが・・
「トルコリラ下落、ドルトルコでトルコ売り!(北朝鮮の反応待ち)」

早くも・・
アメリカ国防省からトルコに対し懸念が伝えらました。
"
"We have relayed our concerns to Turkish officials regarding the potential purchase of the S-400," Pentagon spokesman Johnny Michael told CNBC in a written statement.  引用元 "
 concerns(懸念)
Pentagon spokesman(ペンタゴン(米国防省)報道官)
この問題NATOサイドしては、やはり疑問を抱かずにはいれないようです。


それから、関係悪化しているドイツが・・
トルコへの武器輸出禁止を発表しています。
独メルケル首相、トルコへの武器輸出停止!

ドイツもいろいろトルコに不満があるようです。
この問題もまだ解決されていないようですし・・
エルドアン大統領はドイツ総選挙においてメルケル陣営を支持するなと訴えっています。
「2017年9月24日ドイツ総選挙の懸念と行方」


それから・・
昨日トルコ小売販売が発表されています。
こちらのほうですが・・
トルコ7月小売販売(前月比)
 前回0.3% 予想0.3%  結果-1.3%
  
トルコ7月小売販売(前年比)
 前回0.9% 予想1.7%  結果2.6%

市場のほうは小売販売が先月に比べ悪くなっているのを懸念しているようです。
とういうのも先日発表された消費者物価指数が上昇し物価が上がっていますし・・
「速報、悪化!トルコ消費者物価指数」

今のトルコは金利が高いですので、トルコ人の消費が抑制されているのもゆがめません。
これに関しては以前からエルドアン大統領が金利が高すぎると懸念を示しています。
「トルコのインフレ見解報道」


こういった状況ですので・・
明日のトルコ政策金利が大注目ですね。
「2017年9月第3週日程(大注目!トルコ政策金利登場)」


追伸、マサキ様
コメントありがとうございます。
ドル円ショートで挑まれていたとは・・
この状況、痛いですね~
それから~
トルコがパキスタンのミサイルを警戒しているとは意外でした。
しかし皮肉ですね。
ロシアが支援しているシリアのミサイルを・・
トルコが警戒し、ロシアのミサイルを導入とは・・







 





毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター

現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

4 件のコメント:

  1. 大王殿。いつも楽しく勉強させて頂いてます。
    SBIのホームページに

    『昨日、トルコの外貨準備に係る同国中央銀行のオペレーションの影響で、トルコの短期金利が急落しております。その結果、トルコ/円のスワップポイントが大幅に減少しております』

    との情報がアップされ、スワップが半減しました。
    これは、一時的なものとして済みそうでしょうか?

    返信削除
  2. ドイツの武器輸出禁止のニュース、英文を読むと逆に読めますが?メルケルは全面禁止に反対したという記事では?

    返信削除
  3. ドイツの武器輸出のニュース、英文を読むと逆の記事のようですが。メルケルは全面禁止に反対という記事では?

    返信削除
  4. 大王様におかれましてはご機嫌麗しく。
    はい、ドイツが武器全面禁輸とした件ですがぶっちゃけ、ほとんどダメージ0じゃないでしょうか。
    ニュースでは火曜日にメルケル婆さんがトルコへの武器全面禁輸を言い出し、野党は反対したが婆さんはその件の話し合いを拒否をしたってありますね。
    さて、トルコは昔々は独逸から大量に武器を購入しておりますが、現在はそのほとんどがトルコ国内でのライセンス生産になってます。ドイツ製兵器は多分今レオパルドⅠ&Ⅱ戦車と大型艦ぐらいではないかと思います。もし艦をドイツに発注してたらそれの輸出が止まる(フランスの強襲揚陸艦をロシアに輸出しようとしたけどぽしゃったって話が最近ありましたね)とか、そんな感じでしょう。当然代金は還ってくるし、そもそもトルコはもう自前で軍艦作れるレベルになってます。
    問題は先ほど言ったレオパルド戦車の補修部品が止まるんじゃないかという懸念があるのですが、元々レオパルド戦車はⅠもⅡも少数派、かつⅠは退役目前のポンコツ、Ⅱは新しい方だけど糞重く運用が不便とか考えると新型戦車アルタイの量産のめどがついたトルコとしては、もうどうでもいいやー、でしょうね。
    とりあえずドイツとしてはNATO同盟国のけじめとして申し渡しただけという感じはします。

    返信削除