SBIFXトレード
SBIFXトレードなら1通貨から取引可能!

2017年1月12日木曜日

トルコ円、少し回復(ドル売り加速でドルトルコでトルコ買い)


スポンサーリンク
トルコ戦士の皆様


まずは、こちらの売買動向のほう更新しました。
2017年1月トルコリラ円・日別365売買動向
大変お待たせし申し訳ございませんでした。

この売買動向かなりの戦士の方が注目しているようで・・・

大王のところ「早く更新しろ」と多数問い合わせを頂いています。

これを見ると少し変化出てきていますね。なんとこの位置から売りポジが増えています。
買いも少し減っていますね。

ふぁうさまからコメントで質問頂いたのですが・・・

トルコ円というのは、ドルトルコとドル円との合成通貨なので、やはりドルトルコの影響が非常に多きわけですね。

ですから、本来ならドルトルコの売買動向を確認できるのが一番、情報としては信頼できるのですが・・・

残念ながらその術はありません。

ただ、ふぁうさまの言われるとおり、ドルトルコでロスカットが巻き起こっているのは間違いなさそうですね。

相場の転換点やロスカットが多発すると売買動向でどちらかのポジションが大きく減少します。

とにかく売買動向をチェックするのは非常に勉強になりますので、是非、ご活用ください。


それでチャートのほうですが・・・

急激なドル売りが来ていますね。

ドルトルコ、ドル円1時足チャート

ドルトルコでのドル売りがドル円よりも大きいようです。

これにより・・・
トルコ円1時間足チャート

トルコ円はドル円下げていますがドルトルコの影響を強く受け上昇しています。

こういうのが為替の分からないところですね。

売買動向では売りが増えてますので、皮肉なものです。

このトルコの上昇が一時的なもので終わる可能性もありますので・・・

まだまだ安心は出来ません。


最後になりますが・・・

トルコリラの流れが決まるのは1月27日のフィッチ社の格付け次第だと思われます。
もしジャンクになれば3社ともジャンクになる訳ですから、トルコは買われる可能性は非常に低い位です。


戦士の皆様、是非とも1月27日だけは予定を入れず構えておおいてください。

追伸、黒白さま
これを書いている現地点ではトルコ頑張ってくれています。もう少し上げてくれるとありがたいですね。

ひーちゃさま
こういう激しい動きのときはスワップも荒れますね。ある意味これがサヤ取りの弱点かもしれません。とにかく一刻も早く落ち着いてほしいですね。

毎日更新中
主要5社トルコリラ・スワップポイントカウンター

現在、FXプライム byGMO社と限定タイアップキャンペーン中です。
トルコリラと地獄の日々タイアップ用
FX初心者へ贈る!特設ページ~大王の「FX10万円1本勝負」準備編~

リアルタイムチャートはこちら
PC用ドルトルコ・リアルタイムチャート
PC用トルコリラ・リアルタイム売買動向


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1 件のコメント:

  1. 大王様

    なかなか大変な時期ですね。
    私もFXTF社のUSDTRYのマイナススワップ悪化により、利率が1%前後をさまよっているわけですが、ちょっとした特殊な操作(USDTRYのレートが急激に上昇すると利益がでる仕組み)でほぼノーリスクで3万円ほどのプラスを抜きました。この方法はまた近いうちに私のサイトにて紹介させていただきますね。

    さて、サヤ取りにてFXTF社をご利用の方々もご不安を抱えられていると思いますが、問い合わせてみました。

    ぽてと「どるとるこが、どるとるこのスワポが辛いです;いつまでつづくですか」
    担当者「少々おまちください。聞いてきます」


    ・・・・

    担当者「いつまでとは申し上げれませんが、相場が安定するまでです。」
    ぽてと「つまり今の状態は異常であり、相場が安定すればそのときの適切なスワップにもどるにゃね?」
    担当者「さようでございます。」
    ぽてと「あんがと!!」

    と、のことでした。

    皆様の気休めになればと思います。

    返信削除